FC2ブログ

プロフィール

josh

  • Author:josh
  • 年の半分を南西アフリカで過ごすようになった人生。その日に思ったこと、悩んだこと、後悔したことを徒然なるままに書き込んで生きたいと思います。励ましのメッセージをよろしくお願いいたします。

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

おすすめサイト

人気都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引 JAL 日本航空 宿・ホテル予約ならじゃらんnet 楽天トラベル株式会社 ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

フリーエリア

クロックス オンラインショップ Sony Music Shop

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーリッド派の総本山:トゥーバ

今日はちょっとした、セネガルの観光地の一つを紹介します。

セネガルはイスラム教国である。セネガル人はいつも言う「おまえはトゥーバへ行ったか?」と。トゥーバとは、アマドゥ・バンバを始祖として1886年に創設されたイスラム教のムーリッド派の聖地である。ちなみにセネガルのイスラム教には2大宗派がある。一つはティバワンを総本山とするティジャン派、もう一つはトゥーバを総本山とするムーリッド派である。
トゥーバには、現在はグランモスケと言われるモスクに毎週金曜日には多くの信者が巡礼に来る。特にマガルトゥーバと呼ばれるバンバ氏が海外の流刑(1855年に仏の弾圧によりガボンへ)から戻った日を記念して行われる巡礼祭には、相当な人がトゥーバに集まる。その多さのあまり衛生状態の悪化でコレラも度々発生するという。ダカールからの人の移動は驚異的なもので、いつも渋滞しているとはいえ、巡礼祭前になるとありえないほどの渋滞で1日がかりでやっとトゥーバへ行くことになる。これは、日本の年末年始の帰省渋滞よりも何百倍もひどいと思う。

さて、観光地として何が見どころか。やはり、グランモスケ(セネガル一大きなモスク)でしょう。このモスクは1963年から建造され、それ以来ずーっと拡張工事をしています。セネガル人はずーっと続き止まらないとまで言っていた。真ん中の塔は87mにもなり、以前は登ることはできたが、現在は禁止となっている。また、壁に使われている赤(ピンク)の大理石はポルトガル製、白の大理石はイタリア製で高級なものだそうである。これらの建造物やトゥーバのインフラ整備等は、すべてが寄付で賄われておりムーリッド派の信者の多さが確認できるばかりでなく、セネガル国外(アメリカや欧州)に居る信者も相当で数百万人であるという。また、独自での生産能力もあり、4万haあまりのビーナッツ畑も所有し、雇用創出にも貢献している。


touba1 touba2 touba3

今回はPanasonic デジタルカメラ ルミックス スプラッシュブルー DMC-FT2-Aで撮影しました。

<< 国内のホテル等 | ホーム | 期待損 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。